気仙沼のまちとともに生き、
新たな歴史と文化を育くむ

1912年、男山本店は日本有数の港まち・宮城県気仙沼に創業いたしました。以来、美しい自然と豊富な食材に恵まれたこの地で、100年以上にもわたって酒造りの歴史を刻みつづけてまいりました。これからもずっと、海と空とが蒼く蒼く染まるこのまちの風景のような酒を、造りつづけてまいります。

社名:株式会社 男山本店
代表者:代表取締役社長 菅原昭彦
所在地:〒988-0083 宮城県気仙沼市入沢3-8
TEL 0226-24-8088
FAX 0226-22-3037

創業:1912年

【魚町店舗】気仙沼市魚町2-2-12

1930年、昭和初期に建てられた男山本店魚町店舗は木造3階建て洗い出し仕上げの外壁の建造物で、国登録有形文化財です。以来、長きにわたり気仙沼・内湾エリアのランドマークとして親しまれてまいりましたが、2011年の東日本大震災により被災、3階部分を残して倒壊いたしました。その後の見通しがなにひとつつかぬまま数年にわたりその残存部分を保存していたところ、まちの復興が進むなかで、「まちの文化の象徴であったこの建物を復原しよう」というご支援の声を世界的な財団の方々や地域の皆様から数多くお寄せいただき、再建することとなりました。

わずかに残された3階部分のパーツを手掛かりに100年近く前の建物全体を再構築する作業は困難を極めましたが、設計士や大工の皆様の言葉に尽くせぬ多大なるご協力により見事復原。震災から9年4ヶ月を経た2020年7月、男山本店魚町店舗は震災前とおなじ場所である通称「屋号通り」に、ふたたび立ち上がりました。おかげさまで多くのメディアにもニュースとして取り上げられ、全国から数多くの皆様にご来店いただき、新たな活気を育みつつある気仙沼・内湾エリアの新しい風景の一部となっています。

この建物は、いわば、気仙沼のまちの歴史であり、気仙沼に刻まれた記憶でもあります。そして今では新たに活気づくこの気仙沼まちの賑わいのひとつでもあります。直売所として私たち男山本店の酒の試飲販売もいたしておりますが、それだけではなく、まちの歴史と文化を感じていただけるギャラリー空間としても無料開放しております。どうぞお気軽にお立ち寄りください。皆様のお越しをこころよりお待ち申し上げます。

【男山本店・魚町店舗】
木造3階建、アール・デコ調、パラペット
国登録有形文化財・気仙沼市指定文化財

昭和5(1930)年 建設
平成23(2011)年 東日本大震災により3階部分を残し倒壊
令和2(2020)年 リニューアルオープン

1F/試飲販売
3F/ギャラリー(入場無料)

定休日:火曜定休
営業時間:10時〜17時まで

※この魚町店舗から徒歩3分の場所に、男山本店酒蔵及び客座敷がございます。お時間がございましたら是非そちらにもお立ち寄りください。なお、酒蔵での蔵見学をご希望の方は事前予約が必要です。以下よりお申し込みをお願いいたします。

【酒蔵・客座敷】気仙沼市入沢3−8

魚町店舗から徒歩3分。男山本店酒蔵に隣接する「客座敷」は、1932年に建てられた木造平屋で国登録有形文化財です。柱が細く、繊細なつくりを特徴としています。戦前には国の要人を接待する迎賓館として、また戦後には住まいとして利用されてきました。
男山本店の酒についての情報提供や、試飲販売なども行なっております。魚町店舗と合わせて、ぜひお気軽にお越しください。

【男山本店・客座敷】
木造平屋建、瓦葺、国登録有形文化財
昭和7(1932)年 建設

定休日:日曜、祝祭日
営業時間:8時30分〜17時まで

※なお、酒蔵での蔵見学をご希望の方は事前予約が必要です。
以下よりお申し込みをお願いいたします。

【 酒蔵見学について 】

男山本店の酒造りや歴史、こだわりなどを交えながら、酒蔵をご案内します。団体様、個人様のご来場を心よりお待ち申し上げております。見学には事前予約が必要です。希望日の1週間前までにメールまたはお電話にてお申し込みください。2名様以上より受け付けます。

■料金
【英語版(海外の方向け)】
見学料+お土産付 ¥1,000(税込)
【日本語版】
見学料+お土産付 ¥1,000(税込)

■実施期間
通年
※日曜定休(5〜8月:日・祝日休み、9〜4月:要問合せ)
※予約状況やイベント等の状況、また作業状況によっては、ご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。

【 アクセスマップ 】

気仙沼 男山本店
オンラインショップ

買い物かごを見る
お酒は二十歳になってから。
飲酒運転撲滅。
妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。